THEパラエストラ沖縄

THE PARAESTRA OKINAWA

格闘技を楽しむ!

1997年12月1日、パラエストラ東京代表中井祐樹は自らの理想を追求するために、修斗とブラジリアン柔術の道場【パラエストラ】を開設しました。開設以前からの協力者である番頭・若林太郎によって命名されたその名は古代ギリシャ時代パンクラチオンやレスリングの格闘技者を育てていった格闘技学校の名称に由来します。
パラエストラのキャッチフレーズは『マーシャルアーツ・コミュニケーション』、「格闘技は、言葉や人種、年齢の壁を越えることができるコミュニケーションの手段である」というのがその基本姿勢になります。ブラジリアン柔術の公式アカデミー及び修斗協会オフィシャルジムとして活動し、プロ志望・趣味・ダイエット目的・選手を応援したい・単純に汗を流したいなど格闘技を楽しみたい全ての人の拠り所でありたいと考えます。『格闘技を楽しむ』それこそがパラエストラのテーマです。

パラエストラ34番目の支部

設立当初よりスタートした支部構成により、1999年パラエストラ7番目の支部として千葉県松戸市にパラエストラ松戸が鶴屋浩代表により設立されました。設立以来数々の好成績を収め、第3代修斗世界フェザー級チャンピオン松根良太、第5代環太平洋ウェルター級チャンピオン児山佳宏、第8代修斗世界フェザー級チャンピオン扇久保博正を始めとし、何人もの強豪選手を輩出しパラエストラ最強の支部とも言われています。
2012年パラエストラ松戸で師匠である鶴屋浩の下で長らく指導を経験した松根良太が故郷である沖縄に、修斗、ブラジリアン柔術普及の為、パラエストラ34番目の支部としてTheパラエストラ沖縄を設立しました。

THEパラエストラ沖縄 VTR

INTRODUCTION VTR

インストラクター

INSTRUCTOR

第3代修斗元世界フェザー級チャンピオン
ブラジリアン柔術黒帯
通称:修斗ジャンキー

00年 第7回全日本アマチュア修斗選手権大会フェザー級優勝 プロ修斗デビュー
01,02年 全日本チーム柔術ジャンボリー優勝
03年 フェザー級サバイバー・トーナメント優勝、王座挑戦権を獲得
   修斗世界フェザー級チャンピオンシップで王者大石真丈に勝利
第3代修斗世界フェザー級王者
04年 「SHOOTO JUNKIE is BACK!」で10ヶ月ぶりに復帰戦ダニエル・リマに判定勝ち
05年 負傷した右膝が完治せず王座を返上
06年 1年8ヶ月ぶりの復帰戦で水垣偉弥と対戦し、判定ドロー
    修斗でダーヴィド・レイエナスと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち
10年 3年7ヶ月ぶりの復帰戦となった修斗で佐藤ルミナと対戦し敗北
15年 故郷沖縄にて後進育成中のなか、5年5ヶ月ぶりにMMA金網総合格闘技でカナ・ハヤットと対戦し、腕十字一閃で一本勝ち

所属選手

Affiliation players

沖縄県初のプロシューター

1990年4月15日生まれ

沖縄県名護市出身
2014年アマチュア修斗九州選手権フェザー級優勝
2014年全日本アマチュア修斗フェザー級優勝
ブラジリアン柔術青帯
日本修斗協会公認サイト(選手紹介)